Businness concept
めまぐるしく変化する今の世の中で、忘れがちな夢と感動をよみがえらせてくれる。そんなホットで楽しいお店づくりがオリンピアのコンセプト。お店の前を通るだけでワクワク、ドキドキ・・・。つい入りたくなってしまうような好奇心や遊び心を刺激してくれるアイテムがいっぱいです。お店の形態は、3タイプ。文具やバラエティ、ファンシー雑貨を集めた定番の「オリンピア」、オシャレや流行に敏感な中高生から30代女性をターゲットとした「おセンチ」、そしてステーショナリー雑貨を中心に販売する「オリンピアプラス」。いずれも、常にお客様のニーズに合わせた、多くの人々に愛される店づくりを目指しています。

Profile
当社は、大正3年に創業。万年筆などの卸問屋としてスタートしました。当時は生活の欧米化に伴って、需要も増え、順調に発展します。その後、小売業に業態を変え、昭和40年代にはペンショップオリンピアとしてその名を知られるようになりました。そして昭44年には、当時はまだ全国に少なかったバラエティショップのチェーン化に成功。 以来着実に店舗数を増やし、 現在では、中部地区でもトップクラスのバラエティショップチェーンへと成長を遂げました。オリンピアではスクラップ&ビルトシステムを採用し、 業績の振るわない店はすぐに閉店し、 逆に立地環境のいい場所には積極的に出店するシステム。 こうした果敢な経営方針が安定成長の鍵といえるでしょう。
Policy
当社は文具中心のステーショナリーショップからスタートし、その後、時代のニーズに合わせて、バラエティショップのチェーン展開へと、着実に成長を遂げてまいりました。成長の鍵は、第一に、流行やお客様のニーズに敏感に反応し、即座に対応する店づくりにあるといえます。そこに、若い感性を積極的に取り入れてきたことも大きなプラスになっています。さらに、店は立地条件にとことんこだわり、実際の経営はすべて店長にまかせる。こうした現場中心主義により、各店舗ごとにそのエリアのターゲット層のハートを確実につかむことができ、結果として業績アップにつながっているといえるでしょう。第二、人を大切にする会社であること。学歴よりも人間性を重視した彩用を実施し、社員には、仕事はもちろん、人との関わり方や社会的な責任なども指導します。会社でありながら、社員が人間的に大きく成長できるフィールドでもありたいと願っています。複雑多様化する時代に、あえていろんなことにチャレンジする不変の精神を持ち、常に成長し続ける会社でありたいと考えています。