ENTRY

CLOSE

店舗の個性を生かしながら、お客様のニーズや流行に合わせた売り場を作っていける。

2020年入社

池永 楓

市川コルトンプラザ店 社員

入社のきっかけは?

まず最初に、オリンピアの「ただモノを売る企業ではない、お客様を第一に考え笑顔を提供する」という方針に興味をもちました。お客様にとって魅力的なお店だと感じてもらえるよう、本社の管理ではなく、それぞれの店舗に仕事を任せてもらえる環境なので、お客様のニーズや流行に合わせた売り場を、それぞれの店舗の個性を生かしながらつくっていけるというのも珍しく、面白いなと感じました。

 

今の業務内容は?

主に店頭での接客・レジ対応・売り場作り・商品の仕入れ作業を行なっています。今の時期はマスクで表情が見えにくいので、より一層、元気な挨拶を心がけています。

担当している分野によって、売り場づくりで意識する内容は変わってきます。まだまだ売り場づくりには苦戦していますが、先輩のアドバイスを参考にしたり、実際にお客様の動きを見たりして、時間がかかりながらも取り組んでいます。自分で考えてつくった売り場で、お客様が商品を購入されたところを見るととても嬉しく、大変やりがいを感じる仕事だなと思います。

 

「モノを売る、だけじゃない」と 感じたエピソードは?

ただ売るだけの接客ではなく、お客様の悩みに寄り添うことで、「オリンピアなら話しやすい、行きやすい」と感じてもらえる、いわゆるリピーターを増やせることに繋がると思います。また、お客様の声を参考に「売り場でこうしてみよう」「今まで挑戦しなかった商品を入れてみよう」など、日々の店舗の進化にもつながる面白さを感じます。

店頭に立っていると、「プレゼントで喜ばれるものはどれか」「人気なものはどれか」という相談をよく受けます。お客様に寄り添い、一緒に考え、満足していただける結果になるよう、常に全力で取り組んでいます。商品の魅力をお客様に直接お伝えすることで、オリンピアの商品を気に入っていただくことができますし、その後再び店舗に足を運んでくださる方も多くいらっしゃるため、お客様に寄り添うことの大切さを痛感します。

 

OFFの過ごし方(趣味)は?

高校生の時から趣味として続けているダンスで体を動かしたり、古着が好きなので、一日中、古着屋巡りをしたりしています。

 

オリンピアはあなたにとって どんな会社?

入社一年目で商品の担当を持ち、商品の仕入れや売り場づくりに携わることで、モノを売るということの難しさと面白さを同時に感じています。お客様に常に寄り添うオリンピアだからこそ、こんなにも長く幅広い方々から愛されているのだと思います。スタッフ一人ひとりが責任をもち、対等にアイデアを発信できる環境であり、みんなで協力して作ったお店の中で、お客様の喜びが多く生まれるという環境であることが、自分にとって日々のモチベーションとなっています。

まだまだ経験が浅く、失敗の方が多い状態ではありますが、自分の強みを活かして、より魅力のある店舗づくりに取り組んでいます。

 

大切にしていることは?

自分の強みをどんどん増やして、失敗から成功に導けるよう日々勉強し、魅力的な店舗の一員として認識されるように頑張りたいと思います。

 

就職活動で、「一番自分にとって向いている仕事は何か」という悩みが出てくる人も多いと思います。人と関わることが好きな人や、入社一年目から自分の考えを実際にかたちにできるという環境で働きたいと思う人は、販売職の中でもオリンピアがとても向いていると思います。悔いのないようにたくさん考えて、就職活動に取り組んでください!